易観国際

中国IT関連ニュース

B2C市場規模は1兆元目前に

易観智庫がこのほど発表した「2017年第3四半期(7-9月)中国B2C市場季度監測」によると、同期間中のB2Bを含むEC市場全体の取引規模は、1兆7999.7億元で前年同期に比べ38.7%増加した。このうちB2C市場の売上は9854.4億元で、同39.1%増となった。

サイト別のシェアは天猫が59.0%、京東が26.9%、唯品会は3.2%だった。

例年第3四半期はEC市場のオフシーズンにあたり、この時期に各社とも運営体制の強化やサービスの改善、小売リソースの拡充に努めている。毎年恒例となった11月11日の「双11」のセールに向けて、天猫はオーストラリアの国別専門チャンネルを開設したり、自動車販売専門の「自動車スーパー」チャンネルを新たにオープンした。ブランド面では、聯合華為、美的などのトップブランドと「双11」に向けた協力関係を結んでおり、準備は着々と進んでいるようだ。

関連記事