易観国際

中国IT関連ニュース

越境ECの売上、減少に転じる

易観智庫がこのほど発表した「2017年第3四半期(7-9月)中国越境EC市場季度監測報告」によると、同期間中の越境ECの市場規模は815.7億元で、前期に比べ13.1%減少した。

市場シェアは天猫国際が25.4%、網易考拉海購が16.7%、京東全球購が15.3%の順だった。大型ECサイトの越境ECサービスに限定すれば、阿里巴巴グループの天猫国際が35.4%、京東全球購が21.3%で前期に引き続き市場の半分以上を占めている。独立型の専門越境ECサイトでは網易考拉海購が59.1%のシェアで市場をリードしている。

関連記事