易観国際

中国IT関連ニュース

B2Cベビー用品の市場規模500億元突破

易観智庫がこのほど発表した「2017年第2四半期(4-6月)中国B2C市場季度監測報告」によれば、同期間中のB2C市場におけるベビー用品の売上は516.3億元で、前年同期比49.4%増加した。

サイト別の市場シェアは天猫が48.7%に伸ばし、京東が27.8%、唯品会は4.3%だった。

易観智庫の分析によると、今季は5月20日に天猫が「天猫親子節」のイベントを行い、新たにコンテンツ型の販促ツールも投入した。市場はさらなる細分化が進んでおり、食品に比べブランドへのこだわりが少ない衣類や靴、おもちゃが次の競争の焦点となっている。またベビー用品は品質や安全性への関心が高いことから、大型プラットフォームを中心に優良ブランドとの提携が進んでいる。

関連記事