易観国際

中国IT関連ニュース

B2Cアパレル市場の売上3000億元を回復

易観智庫がこのほど発表した「2017年第2四半期(4-6月)中国B2C市場季度監測」によると、同期間中のB2C市場におけるアパレル製品の売上は3077.4億元で、前年同期に比べ47.3%増加した。

サイト別の市場シェアは、天猫が80.7%でわずかにシェアを伸ばしたほか、京東が8.7%、唯品会が7.1%だった。

アパレル製品のEC販売は、有名ブランドの取り込みによるハイエンド市場での競争が続いている。またオンライン上で申し込むオーダーメイドが新たな消費体験として注目を集めている。各プラットフォームはサプライチェーンの見直しによる競争力の強化に取り組んでおり、産業チェーンの川上でもIoTやビッグデータの応用が始まっている。

関連記事