易観国際

中国IT関連ニュース

B2Cアパレル市場、一時落ち込みも48%増

易観智庫がこのほど発表した「2017年第1四半期(1-3月)中国B2C市場季度監測」によると、同期間中のB2C市場におけるアパレル製品の売上は2777.3億元で、前年同期に比べ48.7%増加した。

サイト別の市場シェアは、天猫が79.7%、京東が8.1%で、大勢に変化はなかった。

易観智庫の分析によると、今年第1四半期は旧正月の連休や春を迎えるタイミングでのセールが好調で、在庫整理が順調に進んだことが売上を後押しした。また有名アパレルブランドが品質を改善したり、海外の有名ブランドが個性的でファッショナブルな製品を投入したこともプラスに働いたとみている。

関連記事